評判の良い情報を発信していくように

ロードセル製造会社の比較サイトを掲載していてやはりこちらの分野に関して詳しく比較など載せているのでまずどこを選ぼうか悩んでいる人がいましたらこちらを見ておきしっかりと判断して置かれると言うことが大事なことになってきます。ランキング形式で紹介をしていて見やすくしています。

あちらのお店に比べてこちらがどうなのかということなどを詳しく紹介していますし非常に見やすく作っていますので見て置かれると良いでしょう。やはり事細かに詳しく調べてくる良い業者に頼んでおくということがとても大事なことになってきます。

特にカラフルなデザインで作っていますので非常に見やすく今1番どこが人気があるのかということなどをランキング形式で紹介をしていますので見て置かれると良く比較サイトを見て起きしっかりと判断をしてから選んで置かれると言うことが大事です。

富士コントロールズ

総合評価 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★
満足度 ★★★★
POINT
ロードセルとプレス機、測定器の製造を行っている唯一のメーカー
富士コントロールズのロードセルは、さまざまなシーンで採用
荷重管理装置選定のポイント、応答性・測定速度

富士コントロールズは、プレス加工の品質管理に欠かせないロードセルの製造をおこなっています。他メーカーとの組み合わせでは難しい導入後のトラブルも柔軟にサポートします。測定範囲も0.1N(10gf)~300kN(30ton)と、多種です。

富士コントロールズのロードセル荷重管理技術は、携帯電話ページャーモーター(偏芯カム かしめ)や、DVD-ROMのかしめ・圧入、自動車部品、小型ファンモーターの圧入、コネクター部分の圧入など、さまざまなシーンで採用されています。

応答性・測定速度の低い荷重管理装置だとピーク値を測定しきれない、あるいは、測定された荷重が安定しないなどといった問題が生じても、ロードセルに対して十分な応答性・測定速度を備えた荷重管理装置を用意しました。

ユニパルス

総合評価 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★
満足度 ★★★★★
POINT
特殊なパルス技術から始まったベンチャー企業で、大企業でないアットホームな会社です。
商社に頼らない直接販売で、サービス向上がなされています。
高級品中心で産業計測分野ではトップクラスです。

ロードセルは力が加わったときに電気信号に変換する荷重変換器です。一般の人が機械を使っているときに直接見ることはありませんが、各種測定器などに使われています。ロードセルを使えば、コンピューターで電気信号をデータにして保存したりできます。

ユニパルスのロードセルは、独自開発の技術で高精度を実現しています。発想と配慮により精度1/10000を実現しました。オーバーロードに強く、経年変化も少なくなっていて、小型・軽量になっています。ロードセルはユニパルスの代表的な製品になっています。

ユニパルスは大企業ではありませんが、従業員数150名で東京本社のほかに、名古屋・大阪・広島に営業所があり、技術センターや工場が埼玉にあります。土曜・日曜・祝日などの休日は年間125日で福利厚生も揃っています。

株式会社イマダ

総合評価 ★★★★
掲載情報量 ★★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス内容 ★★★
満足度 ★★★★★
POINT
ニーズに合わせた測定品を作ってもらうことができます
実験室を利用することができます
デモ機を借りて使うことができます

株式会社イマダは圧着力、引張力の荷重を感知し電気信号に変えるロードセルなどの様々な荷重測定機器を販売しています。あらゆる測定ニーズに対応し、測定の条件や品物に合わせて特注の測定機器を製作してもらうこともできます。

製品を購入しようか迷っている場合や、もっとその製品について知りたい時は、実験室を利用させてもらうことができます。実際に製品を見ることができるほか、その製品を試しに使ってみることができる施設です。スタッフから詳しい説明を受けることもできます。

購入する前に実際に製品を使って試してみたいという方もいるでしょう。株式会社イマダは一部製品のデモ機を貸し出しているので、購入に迷っている場合はそれを借りて試してみることができます。

東洋測器株式会社

総合評価 ★★★★
掲載情報量 ★★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス内容 ★★★
満足度 ★★★★
POINT
たくさんの種類のロードセルを扱っている
良い製品を安く購入することができる
工程でしっかりとした品質向上を行っている

東洋測器株式会社では、ロードセルを販売しています。たくさんの種類のロードセルを扱っていますので、必要なものを見つけることができるのではないでしょうか。扱っているロードセルの最小直径は7mmであり、最大定格容量は200Tonとなっています。

この会社で扱っているロードセルは、価格が安いものばかりです。安いから良くないのではないかと思いがちですが、どの製品も良いものばかりです。ですので、良いロードセルを安く購入することができ、満足できるのではないでしょうか。

この会社では、品質をとても大切にしています。ですので、どのロードセルの品質も高いです。工程でしっかりとした品質向上を行っているため、常に良い製品を作ることができており、安心して使用することができます。

JFEアドバンテック株式会社

総合評価 ★★★★
掲載情報量 ★★★
使いやすさ ★★★
サービス内容 ★★★
満足度 ★★★★
POINT
数多くの種類のロードセルを扱っている
優れた開発力でニーズに対応してくれる
実績によって積み重ねてきた高信頼の技術がある

JFEアドバンテック株式会社では、数多くの種類のロードセルを扱っています。工場で製品を生産している会社では、様々な種類のロードセルを使うことになります。ですので、この会社のロードセルであれば、必要なものが見つかるのではないでしょうか。

工場の生産設備は、どこでも同じ生産設備というわけではありません。ですので、既存のロードセルでは対応できない場合があります。この会社では、優れた開発力でニーズに対応してくれますので、自社の生産設備に合ったロードセルを作ってもらうこともできます。

この会社には、たくさんの実績によって積み重ねてきた高信頼の技術があります。ロードセルを作る際にもこのしっかりとした技術力を使っています。ですので、安心して使い続けることができるのではないでしょうか。

昭和測器

総合評価 ★★★
掲載情報量 ★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス内容 ★★★★★
満足度 ★★★★
POINT
精度の高いロードセルを生産している
70年以上研究し、作ってきた実績がある
特注品への申し込みの対応も行っている

昭和測器は、ひずみゲージやロードセルを生産している会社です。ひずみゲージやロードセルとは、使用している部分にどれだけの力がかかっているかということを可視化するための部品です。昭和測器は、これの研究や生産を70年以上しています。

その中でもロードセルは非常に高精度で、工事現場など環境の悪い場所で使われるだけでなく、電子天秤などのような非常に精度が求められ、検定を通らないと使うことが出来ないような測定器にも使用されるようになっています。

また昭和測器では、様々な種類や大きさのひずみゲージ、ロードセルを販売し、色々な機械の部品に使えるようになっている他、特注品の注文も受け付けているので、欲しい大きさやスペックのものを作ってもらえます。

ロードセルの魅力を知りましょう

日本の製造業で利用される電気機器、IT設備の多くにはロードセルが活用されています。力の大きさを電気信号に変えて利用できるようにするための変換機であり、計量・計測システムの構築には欠かせない装置になっています。普段何気なく利用している電気機器は、年々高機能のものが発表されています。内容、構造も複雑化していますので、一般の方にはその装置の仕組みを理解していくことは難しくなっています。しかし、ロードセルという装置が使われていることだけは、安全対策のためにも理解しておいたほうが良いでしょう。電気計測器などが利用される現場は粉塵や騒音がある場所が多く、安全に利用することが大前提になっています。昨今の機器には安全装置が備わっていますが、ユーザーも知識を持って利用しなくてはならないということです。

電気計測器、測定器は精密機械ですので、制度の高い機能が備わっていなければなりません。しかしそれ以上に大切なことは、安全に利用できる機器であるかどうかという点です。高性能であり、かつ安全性の高い機械の開発、または利用は、世界中の製造メーカーの理想とする所にもなっています。粉塵や騒音などが激しい劣悪な環境でも安全に利用できるような機器であることが第一であり、ノイズなどの不要な信号の影響をうけにくい高性能の機種を選びましょう。最近の国内メーカーでは、ロードセルの性能を引き出すための高性能アンプ、指示計、トルク計測用のデジタル指示計などの機械もどんどん開発されています。機械は精度の高い優秀なものである必要がありますが、それを扱うユーザー側も正しい利用の仕方を学んでいくことで、機械の性能をさらに引き出すことができるということです。

まず、ロードセルというものの仕組み、原理を理解する必要があります。重量計測などに利用する機器であるため、細かい揺れや重さにも敏感に反応するものである必要があります。力に比例して変形する部分と、ひずみの変化に反応するひずみゲージが大変重要です。かまぼこの板のような基盤の一方を固定し、もう一方を揺れ動くようにすることで、たわみを生み出し、正確な測定を可能にしています。力を測定するわけですから、重量の高いものにも耐えられる頑強なものである必要があります。内部構造は数種類あり、ベンディング型という円輪盤曲げタイプと、コラム型という中空コラム圧縮タイプなどがあります。それぞれ形状によってひずみゲージの測定方法、ひずみの検出方法が違います。ご利用前に内部構造を確認しておくとよいでしょう。

PAGE TOP