home > ロードセルについて > ロードセルが担っている役割は何か

ロードセルが担っている役割は何か

ロードセルとは、力やトルクを検出して電気信号に変え、力の大きさを計測することが出来る装置です。
ロードセルは、力のかかり具合に比例して歪む部分と、その歪みを測定するゲージによって出来ています。
これは劣悪な環境でも高精度で計測できることが出来る優れ物です。
これは産業用の量りや台ばかり、試験機などに用いられています。
そしてこれを用いることで、アナログな、情報を受け取る段階で誤差の生じてしまう方法と違い、デジタルで正確な情報を知ることができます。
すると、高精度であることが要求される現代の産業や研究において大いに役立ちます。
さらに、ロードセルを使用することで得られたデータをすぐにコンピューターなどに電気信号として送ることができます。
これによって作業の効率化に繋がるので、この機械は産業や研究の発展に繋がります。



測定にかかせないロードセルとは

科学の発展により今では当たり前に電子機器が使われています。
特に測定に欠かせないのがロードセルです。
ロードセルとは質量やトルクを検出するセンサーのことです。
力を加えると電気信号に変換して出力値の表示やデータベースへの保存、プリンタでの印刷などに役立っています。
辞書では数字で表示する電子はかりと指します。
電子機器の中に取り組まれているためみたことない方がほとんどです。
引張、圧縮、曲げ、剪断などの方法がありビーム型、コラム型、S字型、ダイヤフラムなどの造形があるため種類も形も多種多様です。
主に電子はかりや試験機、流量計、産業用はかりなどには必ず使われており他のセンサーに比べて値段が安くて寿命が長いためです。
定格容量、素材、精度、形、使用環境によっては数万円~数百万円と何を使用するかによって値段も変わります。
色んな使い道があるため今後ロードセルを使用するものは増えていきます。



みえないところで大活躍のロードセル

現代では当たり前のように使われている電子機器。
持っていないという方はほとんどいないでしょう。
電子機器には欠かせない重要なものがあります。
それはロードセルという力を加えると電気信号に変換して力(質量やトルク)を検出するセンサーのことです。
ビーム型やコラム型、S字型、ダイヤフラム型の4種類あり引張や圧縮、剪断などの方法で出力値の表示やデータベースへの保存、プリンターでの印刷などができます。
電気信号でもまた出力信号はたくさんあり磁歪式や空気圧、油圧式、静電容量型、ジャイロ式、ひずみゲージ式などで使われています。
さらに他のセンサーと比べて値段が安い上に寿命も長く使えるため電子機器とは相性抜群です。
ロードセルひとつで使われているものがたくさんあります。
中に入っているためお目にはかかかれませんが大切な役割を果たしています。

次の記事へ
 

PAGE TOP