home > ロードセルについて > ロードセルというセンサーは果たしてどんなものか

ロードセルというセンサーは果たしてどんなものか

産業が急激に成長していくにつれ様々な業界では、コストダウン・生産性向上・品質向上に注目し、生産物の重さを測定してそのデータを電子化することが外せなくなってきました。
電子化されたデータについてですが、検査・データの集計に使用されています。
質量を測定するシステムでも、センサーとしてのロードセルというのは物理的なパワーを電子信号にかえていきます。
ロードセルとは果たしてどういったものなのかというと、パワーを検出するセンサーのことです。
別名、パワーを電子信号に変換する荷重変換器とも言われています。
電子化された信号についてですが、コンピューターなどでデータ保存・印刷・モニタ表示をやっていくことが可能です。
その場合、時間短縮させ正確に測定するためロードセルを使用していきます。
メリットにはどのようなものがあるのかというと、他のものと比較してみても値段がチープかつ長寿命ということが挙げられます。



数字表示の電子はかりに欠かせないロードセル

ロードセルとは、圧縮力・引張力等の荷重を感知し、電気信号に変換する変換器の事を言います。
アンプと接続することで測定した荷重値を表示し、力(質量、トルク)を検出するセンサーです。
力を加えると、それを電気信号に変換し、荷重(力)を電気信号に変換する荷重変換器とも呼ばれます。
何と言っても、重さを数字で表示する電子はかりに必ず必要な重さ測定装置であり、英語では LOADCELL と書きます。
訳してロード(LOAD=力を加える) セル(CELL=単位素子)となります。
また、力を測定できるセンサーは、ばねやピエゾフィルムを利用したセンサー、圧縮素子、変位センサーなどがあり、他にも色々なセンサーがあります。
ロードセルの中にも磁歪式ロードセル、静電容量型、ジャイロ式、ひずみゲージ式など、多彩な方式が存在しています。



製造業に欠かせないロードセルとは

製造業は部品の一点一点の組み付けで一つの物を作ります。
それは、非常に精巧な物から簡単な単純な物まであり、人それぞれです。
しかし、人がその部品を取りに行くと、その間の時間がどんどん過ぎて言ってしまうため、1日に10個出来る物が5個しか出来ないと言った事も起きてしまいます。
そこを改善するのがロードセルです。
これは簡単に言えば部品供給をする機械で自動に物が運ばれて来るので作業者が取りに行くと必要がありません。
そのため非常に作業効率が上がるのもメリットの一つになるため時間の短縮かや個数の増加などが見込め一石二鳥の効果があります。
後は作業者の動きをプラスするだけで効率は2倍にも3倍にもなるため万能な機械と言えるでしょう。
しっかりと設備を把握する事でこれまで以上の生産性を実現できる機械なのではないでしょうか。

次の記事へ
 

PAGE TOP